PROFILE




田中 菜緒子 Tanaka Naoko (pf. key.)

1985年福岡県生まれ。 幼少よりクラシックピアノを習い、ヤマハJOC にて活躍。様々なコンクールで賞を受賞。桐朋学園大学ピアノ科に進学し、在学中には、ブルガリア国際コンクールで1位を受賞。また、 桐朋学園大学卒業生の九州代表として、アクロス福岡で行われた卒業演奏会に出演。 その後、JAZZの勉強を始め、現在まで様々なライブやセッションに参加。2009年にオリジナル曲を中心に活動するというコンセプトで、Proteanを結成。都内を中心にライブ活動を開始。 2013年9月、2014年6月に自身のトリオで上海公演を成功させ、活動の場を海外まで広げている。 2015年リーダーアルバム"MEMORIES"をリリース。久留米ふるさと大使就任。
2017年にキングレコードの大坂昌彦がプロデュースするネイティヴ DSD11.2MHzの超高音質録音による“ハイレゾ・ビューティー・ジャズ・シリーズ”よりメジャー初のスタンダード作品“I Fall In Love Too Easily”をリリース。
また、POPSの分野では、GRAYのTERU&TAKUROミニライブでサポートメンバーとしてピアノで参加。桜井和寿(Mr.Children)、GAKU-MC、C&Kなど、多くのライブやレコーディングにキーボードプレイヤーとして参加している。
【主な共演経験のあるJAZZアーティスト、ミュージシャン】
山口真文、峰 厚介、安ヵ川大樹、岡崎好朗、井上陽介、大坂昌彦、松島啓之、近藤和彦

【アルバム】
2009年「protean」リリース。
2015年「MEMORIES」リリース。
2015年「Naoko Tanaka Jazz Standard Trio Live in Shang-Hai 2013」リリース。
2017年「Memories of T」リリース。
2017年「I Fall In Love Too Easily」リリース。
2017年 村田中「Selfie」リリース。

英語中国語





久留米のへその緒
TANAKA NAOKO PRESENTS





私の原点、大好きな久留米市の「ふるさと大使」に任命にあたって…

私の出身地は福岡県久留米市です。

プロとして音楽活動をはじめて、 2011年1月22日に地元久留米市石橋文化会館でのライブ開催が決まり、準備に動き出しました。会場、音響設備、チケットの販売、宣伝広告などなど、やらなければいけないことが山積でしたが、多くの地元の方たちに助けてもらい、そのおかげで約200人と大勢の方のご来場でライブは大成功に終わりました。

ライブが終わった後、強く感じたのは地元久留米の方たちのあたたかさでした。
地元の方たちへの感謝の気持ち、そして地元の発展に少しでも貢献できたらという思いが日に日に強くなっていきました。
そして、嬉しい出来事が…
2014年4月、久留米市のふるさと大使に任命されました。
これから私なりに久留米の魅力をメディアやライブ会場などで発信して行こうと思っています。帰省すればあたたかく迎えてくれる街、私を育ててくれた大好きな地元久留米の魅力を一人でも多くの方たちに知っていただくため、音楽を通して伝え行動したい、そんな気持ちです。